2013 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 09








スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

diary

2013/08/30
ひたちなか市のカラーマンホール蓋、駅前あたり設置されている。上から「市の鳥 うぐいす」、「市の木 いちょう」、「市の花 はまぎく」。まん中はひたちなか市章、ひたちなかの「H」が那珂川の洪水に流されてやがるわ、と勝手に思ってるの図(本来の意匠もそのまま那珂川の流れとひたちなか市のHだったはず)。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
[ 2013/08/30 10:42 ] ひたちなかその他 | TB(0) | CM(2)

diary

2013/08/26
湿度も下がって、少し涼しいのでうれしい(;´д`) 大洗磯前神社 拝殿の装飾
camera : OLYMPUS E-PL3 / M.ZUIKO 14-42mm F3.5-5.6
関連記事
web拍手 by FC2

磯崎・平磯海岸5

2013/08/24
茨城県ひたちなか市平磯海岸の夏風景。去年の撮影、今年の夏はまだこういう空気感に出会っていないかも。
camera : Canon EOS 30D / SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM
関連記事
web拍手 by FC2

穂積家住宅5

2013/08/22
茨城県高萩市「穂積家住宅」です以前に掲載した写真ですが、より記憶に近く手直ししました、囲炉裏側から見た奥座敷です。
-------------------------------------------------
「穂積家住宅」茨城県指定文化財 昭和55年に穂積家より高萩市に寄贈された豪農住居。穂積家は木材・酒造・金融業で財をなし、明治以降製紙工場、酒造などで地元繁栄の元となった。

高萩市の案内から引用:
穂積家住宅は江戸時代中期ごろ(18世紀中期)に建てられた豪農の住宅で主門、長屋門、前蔵、衣装蔵、庭園からなります。この主屋や庭園は、江戸時代の屋敷絵図にもほぼ現状の姿で描かれており、江戸時代中期の豪農住宅を知るうえで貴重な文化遺産となっています。
-------------------------------------------------
撮りに行けないのと、見直すと気に入ってない現像も多いので当分手直しシリーズ続けようかと・・・
camera : Canon EOS 30D / SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM
茨城県高萩市「穂積家住宅」

大きな地図で見る
関連記事
web拍手 by FC2
[ 2013/08/22 19:36 ] 写真(茨城県内) | TB(0) | CM(4)

清浄石

2013/08/19
以前ここ清浄石(しょうじょういし)の事を書いたのですが※「神磯と白亜紀層」、該当の写真では清浄石があまりにも判りづらかったので清浄石の間近で撮影し再度載せてみました、以下以前の文章のままです。
--------------------------------------------------
「神磯と清浄石」
ひたちなか市磯崎から平磯にいたる海岸は、北側に30度傾斜したのこぎり歯状の岩が連なっています、この地層からアンモナイトやヒタチナカリュウ(翼竜)の化石が発見される中世代白亜紀の地層で、太古の地層が褶曲し隆起した物です、このノコギリ状の地層はタービダイトといわれる地層で、通常は単純に白亜紀層と呼ばれています。
関東地方で白亜紀の地層が見られるのはとても珍しく、なおかつこれと同じ物が見られるのはここ以外には宮崎県「鬼の洗濯岩」だけです。写真の清浄石(しょうじょういし)から、南の平磯漁港までの中世代白亜紀層海岸は茨城県の天然記念物に指定されています。

さて、この辺のこぎり歯状海岸一帯は「神磯」とよばれ古来から神聖な場所とされていました。酒列磯前神社の酒列(さかつら)とはこの神磯を指しています。
この磯崎の神磯に清浄石(しょうじょういし)といわれる3.6メートル四方の四角い平らな岩があります、その形から「箱磯」「阿字石」護摩壇にも似ているので「護摩壇石」といわれます、古来このへんは「阿字石」前の浦なので「阿字ヶ浦」といわれていました、現在の阿字ヶ浦は駅名に採用された物がそのまま地名になったとのことです。
那珂地方周辺すべての神仏はこの護摩壇石に漂着したといわれ、また護摩壇石では弘法大師、親鸞聖人により護摩祈祷が行われてたととも伝えられます。この周辺一帯に伝わる「ヤンサマチ」と言う儀式では、周辺から集まったご神体を御輿で磯まで運び護摩壇石上に安置し祈願したといわれています。なお清浄石の命名は水戸光圀公といわれています。
camera : Canon EOS 30D / SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM
関連記事
web拍手 by FC2
[ 2013/08/19 19:54 ] ひたちなか名所 | TB(0) | CM(6)

磯崎・平磯海岸4

2013/08/14
ひたちなかの夏らしい光景など・・・
茨城県ひたちなか市磯崎海岸の清浄石(しょうじょういし)付近にて。
camera : Canon EOS 30D / SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM
関連記事
web拍手 by FC2

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。