2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08








湫尾(ぬまお)神社

2011/01/24
常陸那珂名所紹介、武田の湫尾(ぬまお)神社

甲斐武田氏発祥の地守護、湫尾神社拝殿正面

nnh1101180152.jpg
湫尾(ぬまお)神社、JR勝田駅から南南西へ2km程、JR武田神社前踏切そばに茅葺きの屋根が特徴的な「湫尾(ぬまお)神社」が鎮座しています。境内へ入る鳥居の左右に、市の天然記念物のに指定されている、樹齢400年以上の巨大なスダジイと、樹齢250年以上の大ヒイラギが出迎えてくれます。
地元では湫尾(ぬまお)神社のことを単に武田神社」と呼んでいます、境内はいつも掃き清められていて、結構神妙な気分にさせてくれます。案内版には御祭神はスサノウノミコトで、かの水戸黄門こと水戸光圀公も崇敬したと記されています。湫尾神社があるひたちなか武田武田信玄でおなじみの甲斐武田氏発祥の地と言われています、湫尾神社の真裏には、甲斐武田氏発祥の地にちなんだ武田氏館が再現されており、当時の武士の生活をかいま見ることが出来ます。

拝殿の彫刻

nnh1101180165.jpg
湫尾神社の創建年代は不明で武田氏の守護、もともと「武田大神宮」と呼ばれていたらしいものが「沼尾明神」から「湫尾神社」となったらしい、鹿島の沼尾神社との関係は不明。

神社裏側から本殿を望む


nnh1101180171.jpg
神社の本殿、神社横から杉を何本か伐採して「武田氏館」への通路を作ったのは神社にとってまことに余計なことだとおもう。

圧巻なスダジイ

nnh1101180170.jpg
神社入り口にそびえる市内一の大きさのスダジイのは圧巻、大ヒイラギも背の高さでは近くにある堀口は金砂神社の県天然記念物ヒイラギに負けない大きさ。

神社正面鳥居と甲斐武田氏発祥の地碑、左にスダジイと右にヒイラギ

nnh1101180168.jpg
おまけ
小学生の頃クラスの友達で大谷くん(関係ないが武田はほとんど大谷姓)が「武田神社で白い物に包まれて何も見えなくなった!!」とまことしやかにのたまうので、これなもう武田神社に行かなくてならないと自転車を飛ばして武田神社探索に出かけました、その当時の武田神社はかなり寂しい所で周りに人家もなく、すぐ前の常磐線の列車と踏切の音だけ頼りでした、それでもなんとか武田神社の探索を済まし、武田神社に異常なしと結論づけました、それ以降、武田から堀口方向もくそがき探検隊の捜索範囲になったのは言うまでもありません。
さらに武田神社南側直ぐ下の用水路は、市街地近くで唯一ホタルが見られる場所でした。神社入り口に車を置いてホタル見物に何度か足を運びましたが今ではどうなっている事やら。
市指定天然記念物 湫尾神社スダジイ
市指定天然記念物 湫尾神社ヒイラギ
市指定工芸品 湫尾神社蔵神鏡
ロケ地ひたちなか市字武田
cameraCANON EOS 30D EF-S17-85

湫尾(ぬまお)神社へのマップ(神社前に一台、氏館に数台駐車スペース有り)
関連記事
web拍手 by FC2
PR
楽天トラベル株式会社



こんばんは^^立派な神社ですね~!!
それとも、kurokenさんの腕がいいだけ?(笑)

湫尾神社(というよりも、私には武田神社の方が分かります^^)の存在は知っていましたがおそらく、参拝したことはなかったような気がします。
ところで、『武田氏館』というのはこの神社の近くですか?

数年前、山梨を訪問した際地元・茨城県民の私よりも山梨県の方の方がこの神社や”武田氏発祥の地”を知っていて、びっくりしたことがあります。
そんなだから、茨城県はだめなんだと今思うと赤面です^^;
[ 2011/01/23 23:09 ] [ 編集 ]

竹千代さんこんばんは、いつもありがとうございます。

武田氏館は神社の真裏にあります、最初の写真左側に入り口の屋根が見えると思います。
武田氏館入り口前に何台か車が置けますから、そちらから神社にも入れます。
それよりもここに行くまでの道がへんな区画のせいで超迷路状態で今でも何度か間違えます!
(もともと武田地区はすげえ迷路状態だったんですが、そこに区画整理が中途まで進んだので余計に・・)

>山梨県の方の方が
私も地元の歴史とか知らないことばっかしで書いてて心苦しいでっす(;´д`)
[ 2011/01/23 23:26 ] [ 編集 ]

kuroken さん こんばんは^^)

本日は”keiの遊び部屋 Blog”にお越しいただきありがとうございました。。 
 湫尾神社 (ぬまお)って読むのですか! ひらがながついていなかったら 読めませんでした。。 
 ここの 拝殿 こじんまりとしていますがなかな 味のある建物ですね。。 
 表面の屋根の突き出たところは実になんともぬ独特の造りですね^^)
[ 2011/01/24 22:11 ] [ 編集 ]

こんばんは☆

武田氏発祥の地なんですね。
それが甲斐山梨で有名になるなんてねぇ・・
ここで有名になってくれたら今頃ひたちなか市とkurokenさんは
超有名になってたかも。。(^^)v

スダジイの木って初めて聞きました。。
花咲かジイさんなら知ってますよ(違^^ww
[ 2011/01/24 22:11 ] [ 編集 ]

keiさん、お越し下さりコメントありがとうございます。
>湫尾神社 (ぬまお)って
元が沼尾明神ですから当て字かとおもいます、普通読めないですよね(^^ゞ
たしかに独特の造りですよね、しかも茅葺きはこのあたりではほとんど無くなりました、
[ 2011/01/24 22:27 ] [ 編集 ]

sakuraさんこんばんは、いつもありがとうございます。

はい、武田信玄の18代前のご先祖で源氏の血を引く源義清がここの武田郷の地名を取って武田義清と名乗ったそうです。実質的に長男(佐竹氏のご先祖)がこの常陸国を掌握して三男の武田義清さんは甲斐国に新境地をもとめて出て行ったそうです。

>スダジイの木って初めて聞きました。
テレビで「くもじい」ってのもやってます( ̄▽ ̄*)
[ 2011/01/24 22:36 ] [ 編集 ]

こんばんは

歴史を感じる立派な神社ですね。
茅葺きの屋根がまた良いんでしょうね~^^
しかし、ヌマオですか?
ふり仮名がないとわかりませんでした
[ 2011/01/24 22:49 ] [ 編集 ]

よしいぞうさんこんばんは、
いつもありがとうございます。

>歴史を感じる立派な神社
はい、社務所も何もない小さい神社ですが、
武田の神社といえば誰もが知ってるこのあたりでは有名な神社です。

[ 2011/01/24 23:08 ] [ 編集 ]

「くもじぃじゃ!」は知ってますが「スダジイ」は初めてです(最初「スジダイ」と読んでしまって「なんで魚?」と真剣に悩んでしまいました (^^ゞ )

(「おまけ」について:)昔はkurokenさんも「20世紀少年」みたいなことやってたんですね~
[ 2011/01/25 22:19 ] [ 編集 ]

KOBURIさんこんばんは、いつもありがとうございます。
「くもじぃじゃ!」はは私も見てますよ( ̄▽ ̄*)
「スダジイ」は常緑樹なので神社なんかにはよくありますよ。

>「20世紀少年」みたいなこと
あの時代のがきんちょなら、行ったこと無いとこの探検と秘密基地作りは日常茶飯事です(^^ゞ
湫尾神社に初めて来たのも小六のことでした、
れい同級生の怪しい話探索で来たので結構緊張して来たのを覚えてます。
[ 2011/01/25 23:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orode.blog137.fc2.com/tb.php/105-5ee9387f


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...