2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11








十五郎穴

2011/01/18
常陸那珂名所紹介、中根の十五郎穴


今でこそすぐ側の「虎塚古墳」に遺跡での知名度を奪われたけれど、ひたちなか市で古くから有名な遺跡と言えばここ「十五郎穴」です、十五郎穴は古墳時代から奈良時代にかけて作られた横穴墓群・横穴式墳墓と言われている壁面に穴を開けた方式の墓で、ここ十五郎穴は奈良時代頃の物と言われています。十五郎穴は横穴墓群としては小規模です、埼玉県にある吉見百穴がその規模大きさで有名です、十五郎穴は昭和15年に茨城県の史跡に指定されています。
古くから壁面が露出している十五郎穴と呼ばれて知れられているこの部分は、実はこの辺り一帯にある横穴墓群のごく一部でこの周辺にはもっと多く300基以上もの横穴墓群が広がっていると言われています。
「十五郎」の名前には諸説があり、曾我兄弟の十郎と五郎が住んでいた、十五郎という盗賊が住んでいたなどの言い伝えからと言われてます。

十五郎穴について考古学的に詳しい説明などはこちらをご覧下さい。
市埋蔵文化財調査センター(駐車場あり)
十五郎穴への行き方

nnh1101170089.jpg
ひたちなか市埋蔵文化財調査センターに車を置き、虎塚古墳正面入り口へと回ります。虎塚古墳正面南側に十五郎穴への立て看板がありますので、案内どおり畑の方向へ進みます(通の方はこのまま左の白いフェンスのある方、田んぼの方へ真っ直ぐ下ってから、あぜ道を大きく迂回して十五郎穴正面からアプローチします。遠くから十五郎穴が徐々に見えるのでこっちの方がわくわく)

nnh1101170090.jpg
しばらく進むと畑の脇にもう一度十五郎穴への立て看板がありますので、ここを左に折れて田んぼの方へと下っていきます。途中十五郎穴の斜面上のあたりに虎塚第2古墳があります。

nnh1012060109.jpg
田んぼの方へと下って岩場を回り込んで行くと十五郎穴のすぐ西側に出ます。
十五郎穴はただいま斜面を発掘調査中です。2011年1月18日の時点で十五郎穴正面の発掘調査は終了していました。
「ここであそんではいけません」・・・ごめんなさい。

十五郎穴、その他の写真

nnh1012060118.jpg
南側田んぼからみた十五郎穴、高速道路側から見える景色もこんな感じです。

nnh1012060119.jpg
十五郎穴の東側にも横穴墓群が発掘中のままシートがかけられています。多くの横穴墓群や円墳がこの周辺には埋もれたままになっています。私の記憶ではこの上の方にも穴がたくさんあるはずです。

nnh1012060120.jpg
十五郎穴前のあぜ道でモカ隊員意味もなくダッシュ!

nnh1012060124.jpg
小学校に入った頃、学校で同級生から十五郎穴の話を始めて聞きました。

nnh1012060125.jpg
土器があるとか、刀が出たとか、話はますます大きくなって、まだ見ぬ十五郎穴に思いをはせました。

nnh1012060126.jpg
当時の悪ガキの間では十五郎穴詣では一つの儀式みたいなもんでした。その後何度もこの地に足を運んだのは言うまでもありません。

ロケ地 : ひたちなか市中根

camera : CANON EOS 30D EF-S17-85

ひたちなか市中根
関連記事
web拍手 by FC2
[ 2011/01/18 08:45 ] ひたちなか名所 | TB(0) | CM(6)
PR
楽天トラベル株式会社



十五郎穴って 始めて聞きました。
いろんなものがあるのですねぇ・・

吉見百穴は何度か行った事がありますよ。
すぐお隣にはもっと凄い物?があります(^^)

モカちゃん、寒いのに元気そうv-290


PS
ブログの日付と時間が・・^^;
[ 2011/01/17 22:45 ] [ 編集 ]

ほーっ、先週、百穴行ってきましたけど、こちらも見事な穴ですねェ。

この頃…私の心も穴だらけです…
[ 2011/01/17 23:07 ] [ 編集 ]

sakuraさん、いつもありがとうございます。
まあ十五郎穴はかなりへんぴなところに有りますから
名所なんて威張れるもんでも無いんですが、
古くから有名なところなんです。

>ブログの日付と時間が
なんかサーバーが変だったみたいです
日付入れ直したら直ったみたいです。
[ 2011/01/17 23:52 ] [ 編集 ]

リトルフィールドさん、こんばんはいつもありがとうございます。
まあ吉見百穴に比べるとねえへみたいなんですが、穴には変わりないですから(^^ゞ

>私の心も穴だらけです
ホーホッホ、心の隙間をお埋めします・・どーん!
[ 2011/01/17 23:54 ] [ 編集 ]

今晩は。 十五郎穴の紹介ありがとうございました。
知りませんでした。
それにしても十郎、五郎の名前からとは不思議ですね。
教育委員会もさすがに曾我兄弟の十郎、五郎とは書けなかったようです。
仇討で十郎は死んだし、五郎は処刑でしたか?とてもこちらには来るはずもない。
仇討前に隠れていたこともないので、あり得ないですね。
名前の由来が少し気になります。虎塚古墳のトラも面白いです。
なにしろ曾我兄弟の仇討事件を後の世に広めたのは「虎女(虎御前)」です。
ではまた読ませていただきます。
[ 2011/01/18 18:34 ] [ 編集 ]

Roman1405さんこんばんわ、いつもありがとうございます。
今日は時間がありましたので埋蔵文化財調査センターで
虎塚古墳の話に関して伺ってきました。
結論から言いますとなぜ虎塚かの「虎」は不明だとのことでした。
その方の考えでは古く集落があった方向
(たぶん中根の湯付近あたりか三反田あたりかな)からみて
「寅」の方角にある塚だからじゃないかとの考えだそうです。
「虎」は女ではなく「寅」の方角のトラだろうとの説でした。
十五郎穴の名前に関しても「虎」という名前が先にあったからこそ、
あとから虎御前にこじつけで曾我兄弟の十郎・五郎から十五郎を
持ってきたのでないかとの考えだそうです。

今日はついでに虎塚2号~虎塚5号古墳の写真も撮ってきましたので
後ほど虎塚古墳群としてアップしたいと思います。
[ 2011/01/18 19:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orode.blog137.fc2.com/tb.php/97-56492cca


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...